広告からのエステの選び方

情報が少ないエステの現状

数多くのエステがあるなかで、自分の目的にピッタリ合ったとあったサロンを選ぶにはどうしたらよいでしょうか?エステ初心者が常に悩むところだと思います。

 

女性雑誌や女性向けサイトには多くの広告が掲載されていますが、肝心の料金やサービスの詳しい内容は広告だけでは分からないようになっています。以前に比べるとだいぶ改善されたかに思いますが、まだまだグレーな部分があるのは事実です。とはいえ、広告以外の情報源ともなるとネットでの掲示板などがありますが、これもまた信憑性の低い内容ばかり目につくことは事実です。

 

結局、知人や友人たちからの口コミ情報が一番役立つことになりますが、目的が一緒でないとあまり参考にはならないといった問題があります。こういったことを踏まえると、結局は自分で探すしかないという結論になるわけです。

 

当サイトではエステ初心者の方が、少しでも参考になるようエステの広告から避けたほうがよい業者の方法など掲載します。

 

誇大広告の禁止

エステでは、痩身や脱毛、トリートメント等の美容に関する様々なサービスを行っています。しかし、その多くが1回だけの施術では効果があらわれにくく、継続的に施術を受け続けなければ効果があるのかどうか分かりません。

 

そういった性質上、利用者にとってみればどのくらいの金額で、どのような効果が期待できるのか事前に把握することは非常に困難です。そのため、エステサロンを選択する場合、多くの方が広告を参考にします。したがって、エステの広告は特定商取引法によって誇大広告への禁止事項が沢山あるのです。

 

たとえば、国や地方自治体からの関与を促すような表示や事実と反するような表現や画像の掲載をした業者に対しては、厳しい行政処分の対象となっています。このように、エステの広告は景品表示法と特定商取引法の両方で誇大広告を厳しく禁止されているのです。

 

この背景には、利用がエステを利用する判断基準となっているものが広告であり、その内容によって左右される性質があるからなのです。

 

避けるべきエステサロン

誇大広告が多いエステ業界では、広告だけから最前のサロンを見つけることは正直できません。しかし、少なくとも広告から避けるべきサロンは判断できるようになります。

 

具体的には、先ほどから何回も書いているように大げさな表現が目立つような業者です。つまり、利用者が飛びつくような謳い文句を数多くならべて、他社よりも自社が有利であるかのような表現が目立つようなサロンはなるべく避けたほうが良いでしょう!

 

なぜなら、派手な広告を出すにも広告費がかかり結局そのツケは利用者に回ってくることなり割高となってしまうからです。こう考えると自然と選択肢も少なくなり、より選びやすくなります。

 

その中から気になったサロンへ実際に足を運び、施術に関する内容や料金、補償などを事前に聞いて情報を集めてから判断したほうがいいでしょう!その時少しでも疑問に思ったことがあれば遠慮することなく質問し、もしも明確な回答が返ってこなければ避けたほうがいいかもしれません。

 

エステ側にとっては、せっかく訪れた客を逃さなまいと、当日限定の格安プランを提案してくることもありますが、その誘惑にのってはいけません。長期間通うようになるエステですから、そのくらい慎重に進めた方が、あとから後悔せずにすみます。

 

大手エステだと安心

誇大広告が多い業界ですが、大手エステだと目に余るような表現はしていません。たしかに、安さを売りにしているのは事実ですが、その内容は至って詳細に記載されており内容どおりのサービスを受けることができます。

 

しかし、各社とも内容はそれぞれ異なりますので、まずは特徴を掴むことから始めましょう!そんな時便利なのが比較サイトです。エステ初心者の方にとっては、短時間で多くの知識を入手できるハズです。それでは、オススメとなるサイトをご紹介しましょう!

 

おすすめサイト:脱毛エステの比較情報